歯科技工士科

歯科技工士の仕事は笑顔をつくること
プロの手による職人技が、
患者さんの笑顔を取り戻します。
歯科ドクターや歯科衛生士とチームを組んで歯科医療に携わる歯科技工土は、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、デンチャー(入れ歯)や矯正装置などを作成する、いわば歯科補綴物の職人。
歯科技工士に必要な専門的な知識を学びます。口やあごの機能、歯の形に関すること、材料に関すること
高度な技術を習得するために基礎理論を学んだ後は、臨床的な技工実習を数多く行い、熟練度の高いプロフェッショナルとしての腕を磨いていきます。
ここで培った知識、技術は、
歯科医療の重要な担い手となります。
在校生画像
カリキュラム
 
教育内容
単位数
基礎分野 科学的思考の基礎 ・人間と生活 5単位
専門基礎分野 歯科技工と歯科医療 3単位
歯・口腔の構造と機能 10単位
歯科材料・歯科技工機器と加工技術 7単位
専門分野 有床義歯技工学 15単位
歯冠修復技工学 13単位
小児歯科技工学 2単位
矯正歯科技工学 2単位
歯科技工実習 11単位
  合 計 68単位
授業時間
H・R 8:40
1時限 8:50 ~ 10:20
2時限 10:30 ~ 12:00
昼 食
3時限 13:00 ~ 14:30
4時限 14:40 ~ 16:10
清掃、H・R 16:10 ~ 16:30

※月曜から金曜日までは4時限、土曜日は毎週休校

資格
昨年も国家試験合格率100%を達成しています。
本校を卒業すると国家試験受験資格が得られ、これに合格すると厚生労働大臣の交付する免許が取得できます。
また、本校卒業時に「国家公務員第2種受験資格」及び、「専門士」の称号も与えられます。
国家試験合格率100%
進路
歯科医院、歯科技工所、歯科器械メーカーなど。
卒業生はこれまで 3,217名にのぼり、歯科医院、歯科技工所等で活躍しております。
長寿社会の新しい介護制度のもとでは、訪問歯科診療と共に口腔領域のプライマリーケアを担う歯科医療に携わる者の役割がますます重要になってきました。
就職率100%

Message

2年

私は中学生のときに歯科衛生士に興味があり、医療関係のコースがある高校へ進学しました。
そこで医療について学んでいくうちに歯科技工士という職業を知り、もっと学んでみたいという思いが強くなり専門学校に入学しました。
歯科技工士科のクラスは少人数制をとっており、人数自体は少なく年齢層もさまざまです。講義は医療系ということもあり、歯科材料の性質や、顔の骨から神経まで覚えないといけなかったので入学当初は苦労しましたが、実習での金属加工や義歯の製作を通して講義で習った意味が初めて分かることもありました。
クラスの仲間とは学校での交流はもちろんですが、学校外で集まって食事に行くなど仲良くやっています。
初めての国家試験で緊張していますが、全員合格を目指してみんなで協力して頑張ります!
 

手先の器用さを医療で活かせる仕事に就きたいと思い歯科技工士を目指し、確かな技術を身につけたいと思い少人数制の宮崎歯科技術専門学校に入学しました。
先生や同じ志を持つクラスメイトにも恵まれ、充実した学校生活を送る事ができました。
これからは臨床の場で、日々技術の向上に努め満足して頂ける歯科技工物の製作に励んでいきます。
平成20年3月卒業

患者様一人一人の思いに寄り添い、医療従事者として、地域医療へ貢献していきたい。
私は、歯科技工士として歯科医院に勤務しています。この仕事は、単に銀歯や入れ歯を作るだけではなく、患者様一人一人の思いを形に変え、歯科医師・歯科衛生士と協力してお口の健康を考える職だと思っています。
その為、幅広い要望に答えるべく常に、高い専門知識や技術力が求められます。
また院内では、実際に自分の手がけた歯科技工物がお口に入った後の様子を見る事が出来たり、時には綺麗な歯を作ってくれてありがとうなど、温かい笑みを浮かべて感謝の言葉を頂いたりします。
様々な仕事がある中、人の笑顔への手助けが出来るこの職に就く事ができて、喜びを感じています。