歯科技工士科

歯科技工士の仕事は笑顔をつくること
プロの手による職人技が、
患者さんの笑顔を取り戻します。
歯科ドクターや歯科衛生士とチームを組んで歯科医療に携わる歯科技工土は、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、デンチャー(入れ歯)や矯正装置などを作成する、いわば歯科補綴物の職人。
歯科技工士に必要な専門的な知識を学びます。口やあごの機能、歯の形に関すること、材料に関すること
高度な理論を学んだ後は、臨床的な技工実習を数多く行い、熟練度の高いプロフェッショナルとしての腕を磨いていきます。
ここで培った知識、技術は、
歯科医療の重要な担い手となります。
在校生画像
カリキュラム
 
教育内容
単位数
基礎分野科学的思考の基礎 ・人間と生活5単位
専門基礎分野歯科技工と歯科医療3単位
歯・口腔の構造と機能11単位
歯科材料・歯科技工機器と加工技術7単位
専門分野有床義歯技工学15単位
歯冠修復技工学13単位
小児歯科技工学2単位
矯正歯科技工学2単位
歯科技工実習11単位
 合 計69単位
授業時間
H・R8:40
1時限8:50 ~ 10:20
2時限10:30 ~ 12:00
昼 食
3時限13:00 ~ 14:30
4時限14:40 ~ 16:10
清掃、H・R16:10 ~ 16:30

※月曜から金曜日までは4時限、土曜日は毎週休校

資格
昨年も国家試験合格率100%を達成しています。
本校を卒業すると国家試験受験資格が得られ、これに合格すると厚生労働大臣の交付する免許が取得できます。
また、本校卒業時に、「専門士」の称号も与えられます。
国家試験合格率100%
進路
歯科医院、歯科技工所、歯科器械メーカーなど。
卒業生はこれまで800名にのぼり、歯科医院、歯科技工所等で活躍しております。
長寿社会の新しい介護制度のもとでは、訪問歯科診療と共に口腔領域のプライマリーケアを担う歯科医療に携わる者の役割がますます重要になってきました。
就職率100%

Message

2年

本校は少人数制で先生方が一人一人丁寧に教えてくださるため、日々の講義や実習を通してたくさんの知識や技術を学ぶことができます。入学当初は、初めてのことばかりで授業についていけるか不安でした。しかし、苦手なところや分からないところなど先生方にすぐ聞くことができ、仲間同士でも教え合いながら授業に取り組むことができました。今後は、沢山の知識や技術を身に着け、日々の学校生活に目標をもって国家試験に合格できるように努力していきたいです。
新卒業生

入学当初は高校までとは違う専門的な知識を学ぶ講義や実習についていけるかとても不安でした。しかし、クラスメイトや先生方のおかげでとても楽しく充実した学校生活を送ることができました。聞きなれない専門用語等も多く戸惑うこともありましたが、少人数制であるため一人一人丁寧にわかりやすく指導していただくことができました。今後は、歯科技工士としてお口の悩みを抱える人の力になれるよう努力していきたいと思います。
令和3年3月卒業

私は、矯正専門の歯科技工士として歯科技工所に勤務しています。矯正という分野は学校での実習も少なく、専門知識や技術もあまり無いまま入社しました。しかし、今では矯正装置をただ作製するだけではなく、患者様の模型を見て、これから歯列がどう変化していくかを予想し、装置の設計・作製を行っています。沢山の患者様の装置を作製していく中で一つとして同じ歯列の模型はないため、日々勉強になります。患者様の笑顔と健康の手助けができる職に就けて、とてもやりがいを感じております。