校長ご挨拶

校長写真
宮崎県歯科医師会では、80歳まで自分の歯を20本以上残しましょうという
「8020運動」と連動して「パールリボン運動」を展開しています。
これは、歯の健康が全身の健康に大きく影響していることを知っていただき、真珠のような輝く白い歯で生涯を送って頂くためのお手伝いをする運動です。

さらに最近、いろいろな病気を予防するために、お口の中を専門的にきれいにする「口腔ケア」が注目されています。

歯科医療には、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士それぞれが専門的な方向から治療にアプローチする「チームアプローチ」が必要です。
歯科衛生士は「口腔衛生管理」を、歯科技工士は「患者さんのお口に装着する人工物の作成や修理」を担当します。
この学校で専門知識を身につけ国家資格を取り、「お口の健康」を守るプロとして社会に貢献していきませんか?

校長 髙橋紳八