歯科衛生士科

ありがとうの言葉がうれしい
患者さんの感謝の言葉にやりがいを感じられる仕事。
身体の仕組み、歯や口の中のこと、そして器具や材料、薬剤の取り扱い方など歯科衛生士に欠かせない専門的な知識を修得します。
歯科ドクターの側で診療・治療をサポートする歯科衛生士は、歯垢・歯石の除去や薬物塗布などの歯科予防処置を行う他、歯磨きの指導や食生活の指導まで行う、まさに口の中の健康すべてに携わるスペシャリスト。
基礎実習から始まって三人一組になっての相互実習、さらに実際の現場での臨床教育と、実践を通して知識と技術を習得していきます。
歯科医療スタッフとして、
歯科保健分野で常に求められています。
在校生画像
チャレンジ画像あなたはどのタイプ ありがとうと言われる仕事につきたい、資格を活かしてずーとできる仕事につきたい、将来経験を積んで違う分野にチャレンジしてみたい
チャレンジ画像あなたはどのタイプ ありがとうと言われる仕事につきたい、資格を活かしてずーとできる仕事につきたい、将来経験を積んで違う分野にチャレンジしてみたい
カリキュラム
 
教育内容
単位数
基礎分野科学的思考の基礎 ・人間と生活10単位
専門基礎分野人体(歯・口腔を除く)の構造と機能6単位
歯・口腔の構造と機能6単位
疾病の成り立ちと回復の促進6単位
歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み9単位
専門分野歯科衛生士概論2単位
臨床歯科医学20単位
歯科予防処置論8単位
歯科保健指導論7単位
歯科診療補助論9単位
臨床・臨地実習20単位
選択必須分野健康と教育8単位
 合 計111単位
授業時間
H・R8:40
1時限8:50 ~ 10:20
2時限10:30 ~ 12:00
昼 食
3時限13:00 ~ 14:30
4時限14:40 ~ 16:10
清掃、H・R16:10 ~ 16:30

※月曜から金曜日までは4時限、土曜日は毎週休校

資格
毎年高い合格率となっています。
本校を卒業すると国家試験受験資格が得られ、これに合格すると厚生労働大臣の交付する免許が取得できます。
また、本校卒業時に、「専門士」の称号も与えられます。
国家試験合格率100%
進路
主に歯科医院など、就職率100%となっています。
卒業生はこれまで2,616名にのぼり、歯科医院、病院等で活躍しております。
長寿社会の新しい介護制度のもとでは、訪問歯科診療と共に口腔領域のプライマリーケアを担う歯科医療に携わる者の役割がますます重要になってきました。
就職率100%

Message

2年

私は高校1年生の時に、歯や口腔内の疾患から全身の病気に繋がることや、口腔内に異常が起こる前に予防することが大切だということを知り、歯科衛生士という職業に興味を持ちました。入学当初は高校とは違う専門知識を学ぶ講義や実技演習、そして、臨床実習が本格的に始まることに、これからやっていけるのかという不安がありましたが、今は毎日がとても充実しています。また、学校の雰囲気が良いだけではなく、先生方に何でも相談でき、安心して学校生活を送ることができています。これからの学校生活や現場実習で体験したことを確実に習得し、自分の言動に責任と自信を持てるよう、一つ一つの物事に真剣に取り組み、同じ目標を持つ仲間と協力し合い、歯科衛生士を目指して頑張りたいと思います。
3年

私は幼い頃から歯磨きやむし歯予防の知識を優しく丁寧に教えてくれた歯科衛生士の姿を見て、この仕事に興味をもつようになりました。高校時代にオープンキャンパスに何度か足を運ぶうちに学校の様子や先生、先輩方の優しく明るい雰囲気を感じ取ることができ、この学校に入学することを決めました。実際通ってみると、専門用語や慣れない実習など覚えることがたくさんあって大変ですが、先生方の分かりやすく丁寧な説明のおかげで多くの知識や技術を学ぶことが出来ています。これから3年間、同じ道を進む友人達と互いに支えあい、患者に安心して信頼されるような立派な歯科衛生士になれるよう努力していきたいです。
新卒業生

臨床実習を1年生の頃から体験でき、モチベーションとスキルが上がる環境にあるので、仲間と共に切磋琢磨しながら学校生活を送ることができました。また、国家試験対策では多くの模擬試験で本番を想定した緊張感を味わうことができ、手厚いサポートにより苦手科目の克服もできます。3年間で、大切な仲間と歯科衛生士になるための知識を得ることができ、入学してよかったと心から思います。



平成28年3月卒業

現在私は、矯正歯科の専門医院で働いています。私自身、幼い頃に矯正歯科治療を経験したことから、矯正歯科自体に抵抗は無かったものの、いざ進路を決める局面に立った際、とても迷いました。歯科衛生士としての経験やスキルもない中、矯正歯科という専門的な世界に飛び込むことが不安でした。そんな時、この学校で出逢った先生方や仲間達が、親身になって話を聞いて下さいました。そのお陰で今、尊敬する院長やスタッフの方々に囲まれ、とても恵まれた環境で働いています。今後も、この学校で培った知識と技術を基に、矯正歯科という分野でのプロフェッショナルを目指して、日々努力していきます。