歯科技工士科

歯科技工士の仕事は笑顔をつくること
プロの手による職人技が、
患者さんの笑顔を取り戻します。
歯科ドクターや歯科衛生士とチームを組んで歯科医療に携わる歯科技工土は、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、デンチャー(入れ歯)や矯正装置などを作成する、いわば歯科補綴物の職人。
歯科技工士に必要な専門的な知識を学びます。口やあごの機能、歯の形に関すること、材料に関すること
高度な理論を学んだ後は、臨床的な技工実習を数多く行い、熟練度の高いプロフェッショナルとしての腕を磨いていきます。
ここで培った知識、技術は、
歯科医療の重要な担い手となります。
在校生画像
カリキュラム
 
教育内容
単位数
基礎分野科学的思考の基礎 ・人間と生活5単位
専門基礎分野歯科技工と歯科医療3単位
歯・口腔の構造と機能11単位
歯科材料・歯科技工機器と加工技術7単位
専門分野有床義歯技工学15単位
歯冠修復技工学13単位
小児歯科技工学2単位
矯正歯科技工学2単位
歯科技工実習11単位
 合 計69単位
授業時間
H・R8:40
1時限8:50 ~ 10:20
2時限10:30 ~ 12:00
昼 食
3時限13:00 ~ 14:30
4時限14:40 ~ 16:10
清掃、H・R16:10 ~ 16:30

※月曜から金曜日までは4時限、土曜日は毎週休校

資格
昨年も国家試験合格率100%を達成しています。
本校を卒業すると国家試験受験資格が得られ、これに合格すると厚生労働大臣の交付する免許が取得できます。
また、本校卒業時に「国家公務員第2種受験資格」及び、「専門士」の称号も与えられます。
国家試験合格率100%
進路
歯科医院、歯科技工所、歯科器械メーカーなど。
卒業生はこれまで 3,276名にのぼり、歯科医院、歯科技工所等で活躍しております。
長寿社会の新しい介護制度のもとでは、訪問歯科診療と共に口腔領域のプライマリーケアを担う歯科医療に携わる者の役割がますます重要になってきました。
就職率100%

Message

2年

母が以前、歯科衛生士として働いており歯科技工士という職業を知りました。
歯科技工士科は少人数制ですが年齢層も広く、クラスメイトと楽しく賑やかな毎日を過ごしています。
講義では、今まで学んだ事のない歯科材料の性質や顔面頭蓋の骨や神経といった専門分野の事を沢山覚えないといけませんが、実習を通して、講義で習ったことの意味が理解でき、1つの事を複数の教科で学ぶので、反復して学習する事ができます。
また、最初は上手くいかなかった実習も日々の積み重ねで出来るようになっていることが実感でき、今では1つ1つの補綴物の製作を自分なりに目標を持って行っています。
放課後はクラスメイトと学校外で過ごす事もあり充実した学生生活を過ごしています。
国家試験合格を目指し、全員で協力して頑張ります。
平成31年3月卒業

入学以前は他職業に務めていましたが、知人から歯科技工士の仕事があることを教えていただきました。
今まで歯科医療との関わりはありませんでしたが、歯科技工士の世界に挑戦してみることにしました。
歯科技工士科は少人数制をとっていて学生数は少ないですが、クラスメイト一人一人の個性はとても強く、楽しく過ごしながら共に研鑽を積んで学校生活を過ごすことができました。
私は特に手先が器用なほうではありませんでしたが、講師の先生方の指導もあり、無事に卒業することができました。
二年間の学校での知識や技術を生かし、これからは歯科技工士としてスキルを向上し患者様の笑顔に繋がるような歯科技工装置を製作していきたいと思います。
平成20年3月卒業

患者様一人一人の思いに寄り添い、医療従事者として、地域医療へ貢献していきたい。
私は、歯科技工士として歯科医院に勤務しています。この仕事は、単に銀歯や入れ歯を作るだけではなく、患者様一人一人の思いを形に変え、歯科医師・歯科衛生士と協力してお口の健康を考える職だと思っています。
その為、幅広い要望に答えるべく常に、高い専門知識や技術力が求められます。
また院内では、実際に自分の手がけた歯科技工物がお口に入った後の様子を見る事が出来たり、時には綺麗な歯を作ってくれてありがとうなど、温かい笑みを浮かべて感謝の言葉を頂いたりします。
様々な仕事がある中、人の笑顔への手助けが出来るこの職に就く事ができて、喜びを感じています。