歯科衛生士科

ありがとうの言葉がうれしい
患者さんの感謝の言葉にやりがいを感じられる仕事。
身体の仕組み、歯や口の中のこと、そして器具や材料、薬剤の取り扱い方など歯科衛生士に欠かせない専門的な知識を修得します。
歯科ドクターの側で診療・治療をサポートする歯科衛生士は、歯垢・歯石の除去や薬物塗布などの歯科予防処置を行う他、歯磨きの指導や食生活の指導まで行う、まさに口の中の健康すべてに携わるスペシャリスト。
基礎実習から始まって三人一組になっての相互実習、さらに実際の現場での臨床教育と、実践を通して知識と技術を習得していきます。
歯科医療スタッフとして、
歯科保健分野で常に求められています。
在校生画像
あなたはどのタイプ ありがとうと言われる仕事につきたい、資格を活かしてずーとできる仕事につきたい、将来経験を積んで違う分野にチャレンジしてみたい
あなたはどのタイプ ありがとうと言われる仕事につきたい、資格を活かしてずーとできる仕事につきたい、将来経験を積んで違う分野にチャレンジしてみたい
カリキュラム
 
教育内容
単位数
基礎分野科学的思考の基礎 ・人間と社会生活の理解10単位
専門基礎分野人体(歯・口腔を除く)の構造と機能6単位
歯・口腔の構造と機能6単位
疾病の成り立ちと回復の促進6単位
歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み10単位
専門分野歯科衛生士概論2単位
臨床歯科医学20単位
歯科予防処置論8単位
歯科保健指導論7単位
歯科診療補助論9単位
臨床・臨地実習20単位
選択必須分野健康と教育8単位
 合 計112単位
授業時間
H・R8:40
1時限8:50 ~ 10:20
2時限10:30 ~ 12:00
昼 食
3時限13:00 ~ 14:30
4時限14:40 ~ 16:10
清掃、H・R16:10 ~ 16:30

※月曜から金曜日までは4時限、土曜日は毎週休校

資格
昨年も国家試験合格率100%を達成しています。
本校を卒業すると国家試験受験資格が得られ、これに合格すると厚生労働大臣の交付する免許が取得できます。
また、本校卒業時に「国家公務員第2種受験資格」及び、「専門士」の称号も与えられます。
国家試験合格率100%
進路
主に歯科医院など、就職率100%となっています。
卒業生はこれまで 3,276名にのぼり、歯科医院、歯科技工所等で活躍しております。
長寿社会の新しい介護制度のもとでは、訪問歯科診療と共に口腔領域のプライマリーケアを担う歯科医療に携わる者の役割がますます重要になってきました。
就職率100%

Message

2年

私は中学生の時に歯の治療のため固形物を食べることの出来ない期間があり、お口の健康の大切さを身をもって感じました。
そしてそれをサポートする歯科医療がいかに重要な役割を担っているのか知りました。
高校卒業後は大学に進学しましたが、4年生となり改めて自分の将来を考えた時、興味のある分野の仕事に就きたいと思いこの学校に入学することを決めました。
実習では初めてのことばかりでうまくいかない時もありますが、出来るようになるまで先生方がサポートしてくださるのでしっかり技術を身につけることができます。
友人にも恵まれ、楽しく充実した毎日を過ごしています。
3年

私は歯科医院での診療の様子を目にする機会が多い環境で育ったため、小さい頃から歯科の分野に興味がありました。
本校では歯科医師や歯科衛生士の先生方が講義をして下さり、どの分野もわかりやすく教えてくださいます。
また、校内実習だけではなく臨床実習の時間も充実しており、臨床の現場で多くの技術を身につけることができます。
現在は歯科衛生士を目指す仲間たちと共に、楽しく学生生活を送っています。
平成31年3月卒業

歯科の分野にとても興味があり、入学を決めましたが、入学当初は解らないことばかりでした。
しかし、1年次に基本的な知識と技術を学び、2年次から本格的な臨床実習が始まり、段階的にステップアップできるカリキュラムになっているので、興味を自信に変えることができました。
歯科衛生士は国家資格なので、国家試験に向けての勉強には努力が必要でしたが、同じ目標を持った仲間と一緒に頑張った日々は、自分自身を大きく成長させることができました。
また、臨床実習では現場の様子が解り、歯科衛生士はとても魅力のある職業だと感じました。
皆さんも一緒に歯科衛生士を目指してみませんか?
平成28年3月卒業

現在私は、矯正歯科の専門医院で働いています。
私自身、幼い頃に矯正歯科治療を経験したことから、矯正歯科自体に抵抗は無かったものの、いざ進路を決める局面に立った際、とても迷いました。
歯科衛生士としての経験やスキルもない中、矯正歯科という専門的な世界に飛び込むことが不安でした。
そんな時、この学校で出逢った先生方や仲間達が、親身になって話を聞いて下さいました。
そのお陰で今、尊敬する院長やスタッフの方々に囲まれ、とても恵まれた環境で働いています。
今後も、この学校で培った知識と技術を基に、矯正歯科という分野でのプロフェッショナルを目指して、日々努力していきます。