HOME  » 専門実践教育訓練給付金制度
専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度

仕事のスキルアップ・資格取得を目指している方に!

専門実践教育訓練給付金制度について

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働省が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、 本人が教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

対象者

初めて教育訓練給付金制度を利用される方は、受講開始日前までに通算して2年以上(原則は10年以上)の雇用保険の被保険者期間を有している方。
現在離職中の方は、離職後1年以内での入学が条件となります。

対象学科

歯科衛生士科、歯科技工士科(H28年4月入学生より対象)

給付金支給

1.受講中 歯科衛生士科(3年制) 学費の40%(上限96万円)を支給
歯科技工士科(2年制) 学費の40%(上限64万円)を支給
2.終了後※ 歯科衛生士科(3年制) 上乗せ20%(上限48万円)を支給
歯科技工士科(2年制) 上乗せ20%(上限32万円)を支給

※終了後の追加支給を受けるには受講終了日の翌日から1年以内に「就職決定(一般)雇用保険の被保険者」が条件となります。

受給資格確認方法

住所管轄のハローワーク(公共職業安定所)で確認できます。

  • ※専門実践教育訓練の給付金を受給するためには、入学までに受給資格があるかどうかを確認したうえで、1ヶ月前までに支給申請を完了させておかなければなりません。さらに、在学中、卒業後にも受給者本人がハローワークにて手続きをする必要があります。
  • ※申請を行うには、ハローワークに相談し、キャリアコンサルティングを受ける必要があります。詳細は、住所管轄のハローワークまでお問い合わせください。
  • ※専門実践教育訓練給付金制度に関する詳細は、厚生労働省のWebサイトをご覧ください。

厚生労働省「教育訓練給付制度」

PAGE TOP